ニュース・コラム

PGAツアー

ウッズが5年ぶり米ツアー通算80勝目 松山英樹は4位タイ

2018年9月24日(月)午前9:31

2017-18 ツアーチャンピオンシップ【PLAY OFF】
 米男子ツアーのプレーオフシリーズ最終戦 ザ・ツアーチャンピオンシップ(現地時間23日/ジョージア州/イースト・レイクGC)最終ラウンドが終了。タイガー・ウッズ(米)が通算11アンダーで5年ぶりの復活優勝を果たした。

 3打差リードの単独首位から出たウッズは、スタートホールで幸先よく約3メートルのパットを沈めバーディを奪取。その後、9番までパーとし前半を1アンダーで折り返す。

 10番はティーショットを右に曲げボギー、13番で約4メートルのバーディパットを決めるが、15番から2連続ボギーを叩く。それでもリードを守り、大勢のギャラリーが見つめる中、最終ホールをパーとし、トータル2バーディ、3ボギーの1オーバー71でフィニッシュ。2013年のWGC-ブリヂストンインビテーショナル以来のツアー通算80勝目を手にした。

 通算9アンダー単独2位はビリー・ホーシェル(米)。通算7アンダー単独3位にダスティン・ジョンソン(米)、通算6アンダー4位タイに松山英樹、ジャスティン・ローズ(英)、ウェブ・シンプソン(米)が続く。

 松山英樹は6バーディ、1ボギーの5アンダー65で回り、前日16位タイから順位を上げて今季最後の大会を終えた。

 ローズは2バーディ、5ボギーの3オーバー73とスコアを落としたが、最終ホールでバーディを奪い、年間王者に輝きボーナスの1000万ドル(約11億円)を獲得している。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2017-18 ツアーチャンピオンシップ【PLAY OFF】
9月20日(木)~9月23日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。