ニュース・コラム

アマチュア競技・イベント

ゴルフネットワーク選手権2018 地区大会 ABCゴルフ倶楽部会場レポート

2018年9月29日(土)午前10:31

「ゴルフネットワーク選手権 RomaRo CUP 2018」第11戦の舞台は、毎年「マイナビABCチャンピオンシップ」を開催しているお馴染みのABCゴルフ倶楽部(兵庫県)。

トーナメント開催に向けて整備が進むタフなコースセッティングの中、84チーム(168名)がフェニックスCCへの切符を手にすべく奮闘しました。

ダブルス戦の楽しみのひとつと言えば、個性豊かな“ペアルック”。ABC会場ではそんなペアルックを楽しむチームに注目してみました。

兵庫県から参加の村林俊哉さん・間崎敏男さんチームは、色違いのRomaRoポロシャツとサンバイザーでコーディネイト。「毎年、出場するのが楽しみです。今日も楽しんでプレーしてきます!」と意気揚々とスタートしていきました。RomaRoをご愛用いただき、誠にありがとうございます!

澄み渡る秋晴れの空の下、他にも多くのチームがこだわりのペアルックを披露してくれました!

【笠松理恵さん(大阪府)・矢ヶ崎則子さん(大阪府)チーム】

【山田健司さん(大阪府)・河野弘人さん(大阪府)チーム】

【黒川保浩さん(香川県)・木村和弘さん(香川県)チームと大塚崇史さん(兵庫県)・愛宕富也さん(大阪府)チーム】

【三宮結花さん(兵庫県)・髙田美子さん(大阪府)チーム】

そして、ゴルフネットワーク選手権では各予選会場でRomaRoの試打会を実施。ABC会場で行われた試打会にも多くのチームが参加してくれました。

試打会と言えば、RomaRoのパターやベルト、サンバイザーなどが当たる抽選会も楽しみのひとつ。昨年、今年と和歌山県から親子で参加の梅林さんチームは、昨年、父・在中靖二さんが見事パターを獲得されたのですが、今年はなんと息子・梅林祐紀さんが“大当り”を引き当て見事パターをゲット!笑顔で取材に応じてくれました。

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。