ニュース・コラム

国内男子

稲森佑貴が日本オープン制覇 ローアマチュアは金谷拓実

2018年10月14日(日)午後5:34

2018 日本オープンゴルフ選手権競技
 国内男子ツアーのメジャー第3戦 日本オープンゴルフ選手権競技(14日/神奈川県/横浜カントリー倶楽部)最終ラウンドが終了。稲森佑貴が5バーディ、2ボギーとスコアを3つ伸ばし、通算14アンダーでツアー初優勝をメジャー大会で飾った。

 通算12アンダー単独2位にショーン・ノリス(南ア)、通算8アンダー3位タイに岩田寛、嘉数光倫、通算7アンダー5位タイに片岡大育、時松隆光、竹安俊也、通算6アンダー単独9位にアンジェロ・キュー(フィリピン)が続く。

 藤本佳則は通算5アンダー9位タイ、重永亜斗夢は通算4アンダー14位タイ、Y・E・ヤン(韓)は通算3アンダー16位タイ、石川遼、片山晋呉、シニアツアー今季5勝のプラヤド・マークセン(タイ)は通算2アンダー21位タイ、賞金ランク1位の今平周吾は通算イーブンパー27位タイ、谷口徹は通算3オーバー38位タイとなっている。

 ローアマチュアは通算1アンダー24位タイで終えた金谷拓実(東北福祉大2年)。前週のアジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権で優勝した力を見せたくれた。

ローアマチュアを獲得した金谷拓実

 元世界ランク1位でマスターズ覇者のアダム・スコット(豪)は2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「74」とスコアを伸ばせず、通算6オーバー50位タイで大会を終えている。

(写真提供:JGA)

関連番組

2018 日本オープンゴルフ選手権競技
10月11日(木)~10月14日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。