ニュース・コラム

海外女子

山口すず夏が3位に浮上! 渡邉彩香は厳しい状況に/米女子ツアーセカンドOT

2018年10月18日(木)午前11:45

この記事のキーワード
 米女子ツアーのセカンドQTは現地時間17日、フロリダ州のプランテーションG&Cを舞台に第3ラウンドの競技を終了。アマチュアの18歳・山口すず夏(共立女二高3年)は首位と4ストローク差、通算7アンダー単独3位の好位置で最終日を迎える。

 初日5アンダーで飛び出すも、2日目は1オーバーとスコアを崩した山口だが、6バーディ、3ボギーの3アンダー69と見事にバウンスバック。現在首位のエイミー・ボールデン(ウェールズ)と4打差とトップも十分に見えるポジションにつけた。

 当時中学3年生だった2015年全米女子オープンで14歳341日の最年少メジャー出場を果たした逸材は今夏日本ツアーを経ず、米ツアー参戦を目指す道を選んだ。1次予選は全体の2位で通過。25位タイまでが進出することができるファイナル進出も濃厚だ。ちなみに日本ツアーを経ずに米ツアー参戦を決めることができれば宮里美香、中嶋常幸主宰のトミーアカデミーで同門だった2歳年上の畑岡奈紗に続いて3人目となる。

 一方でその他の日本勢は苦しい戦いを強いられている。アマチュアの渡辺梨央は通算12オーバー148位タイ、日本ツアー通算3勝の渡邉彩香、村田理沙は通算15オーバー170位タイ。現時点で通過ラインは通算1アンダーでファイナル進出は絶望的な状況だ。アマチュアの長野未祈(麗澤高3年)は第2ラウンドで失格となっている。

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。