ニュース・コラム

ヨーロピアンツアー

45歳のリー・ウエストウッドが4年ぶりの優勝 谷原秀人は55位

2018年11月12日(月)午前10:00

2018 ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー<ロレックスシリーズ>
 欧州ツアーのロレックスシリーズ第7戦 ネッドバンクチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー(現地時間11日/南アフリカ/ゲーリー・プレーヤーCC)最終ラウンドが終了。元世界ランク1位のリー・ウエストウッド(英)が4年ぶりの優勝を果たした。

 3打差3位タイからスタートした45歳のウエストウッドは、後半に5バーディを奪うなど1イーグル、6バーディの8アンダー64を記録。通算15アンダーで、2014年「メイバンク・マレーシアン・オープン」以来のツアー通算24勝目を飾った。

 3打差リードの単独首位から出たセルヒオ・ガルシア(スペイン)は、2アンダー70と大きくスコアを伸ばせず、通算12アンダー単独2位。地元のルイス・ウーストハウゼン(南ア)が通算11アンダー単独3位となった。

 谷原秀人は3バーディ、3ボギーのイーブンパー72で回り、通算6オーバー55位タイで大会を終えている。

 リ・ハオトン(中)は通算7アンダー5位タイ、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、マーティン・カイマー(独)は通算1アンダー21位タイ、トレバー・イメルマン(南ア)は通算イーブンパー27位タイ、パドレグ・ハリントン(アイルランド)は通算1オーバー35位タイ、ダニー・ウィレット(英)は通算5オーバー単独50位タイとなった。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2018 ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー<ロレックスシリーズ>
11月8日(木)~11月11日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。