ニュース・コラム

PGAツアー

L.ウエストウッドが119位→64位に浮上 B.ケプカが世界No.1に返り咲く

2018年11月13日(火)午前10:00

みんなのPGAツアー
 米国時間11日付の世界ランキングが発表され、欧州ツアーのロレックスシリーズ第7戦 ネッドバンクチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤーで4年ぶりツアー通算24勝目を飾った元世界ランク1位のリー・ウエストウッド(英)が119位から64位まで浮上。

 米男子ツアーのマヤコバ ゴルフクラシックで同じく4年ぶりの勝利を収めたマット・クーチャー(米)が11ランクアップの29位まで順位を上げた。

 上位陣はブルックス・ケプカ(米)が2週ぶりの1位に返り咲き、ジャスティン・ローズ(英)が2位に後退。3位にダスティン・ジョンソン(米)、4位にジャスティン・トーマス(米)、5位にブライソン・デシャンボー(米)が続く。

 日本勢は松山英樹が23位と変わらず、小平智は1つ順位を上げ53位。以下、今平周吾は62位、池田勇太は92位、時松隆光は116位、稲森佑貴は123位、秋吉翔太は125位、宮里優作は134位となっている。

 また国内男子ツアーの三井住友VISA太平洋マスターズでツアー初優勝を挙げた額賀辰徳は1269位から363位まで順位を上げた。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

みんなのPGAツアー

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。