ニュース・コラム

PGAツアー

C.ハウエルがプレーオフを制し11年ぶりツアー通算3勝目!

2018年11月19日(月)午前10:00

2018-19 ザ・RSMクラシック
 米男子ツアーのザ・RSMクラシック(現地時間18日/ジョージア州/シー・アイランド・リゾート)最終ラウンドが終了。チャールズ・ハウエル(米)がプレーオフの末、パトリック・ロジャース(米)を下し、2007年「ニッサン・オープン」以来となるツアー通算3勝目を手にした。

 首位から出たハウエルは6バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの67で回るも、ロジャースが8バーディ、ノーボギーの62を叩き出し、通算19アンダーで並び勝負はプレーオフへ。18番パー4で行われた1ホール目は引き分け、2ホール目でバーディを奪ったハウエルIIIが勝利を掴んだ。

 通算18アンダー単独3位にウェブ・シンプソン(米)、通算17アンダー4位タイにルーク・リスト(米)、ライアン・ブラウム(米)、通算16アンダー単独6位に今季1勝のキャメロン・チャンプ(米)、通算15アンダー7位タイにザック・ジョンソン(米)、ケビン・キスナー(米)、ピーター・ユーライン(米)、チェイス・ライト(米)が続く。

 昨季覇者のオースティン・クック(米)、グラム・マクドウェル(北アイルランド)は通算14アンダー11位タイ、アーニー・エルス(南ア)、イム・ソンジェ(韓)は通算10アンダー37位タイ、デービス・ラブ(米)は通算6アンダー65位タイで大会を終えた。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2018-19 ザ・RSMクラシック
11月15日(木)~11月18日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。