ニュース・コラム

PGAツアー

30歳となった超人気プレーヤー リッキー・ファウラーを振り返り

2018年12月17日(月)午前11:23

2016-17 ヒーローワールドチャレンジ
この記事のキーワード
 12月13日に30歳となった超人気選手のリッキー・ファウラー(米)。母方の祖父が日本人ということでファウラーのミドルネームはユタカと、日本でもファンが多い。ナイスガイとしても知られるファウラーを振り返る。

 2017年12月のヒーローワールドチャレンジで優勝と好スタートを切ると、2018年1月のセントリートーナメント オブ チャンピオンズで4位タイに入った。同大会で話題となったのはファウラーの服装。花柄シャツをタックアウト(裾だし)していたからだ。ハワイの文化に合わせたファッションにPGAのコミッショナーも称賛していた。

「僕のファッションが好きじゃない人もいるとは思うけど、そんなことは恐れていない。ずっと人とは違うことをしてきた。ただゴルフをするだけっていうのは嫌なんだ」

 ハワイの大会からマスターズ前週までトップ10入りは無かったが、オーガスタでは通算14アンダーでプレーし、単独2位。シーズンを通して未勝利に終わったがトップ入り6回と賞金ランク16位(4235万237ドル)に入り、6月には婚約を発表した。

 ファウラーは1時間でも2時間でもファンがいる限りサインをするなどファンサービスに時間を費やすことで有名で、ファンや仲間を思う気持ちも人一倍強い。2月のウェイストマネージメント フェニックスオープンではキャップに小さなバッジをつけていた。

 親交のあったグリフィン・コンネルくんが大会の1週間前に7歳という若さで病気のため亡くなった。特等席で見て欲しいという思いがファウラーにあった。また、8月に白血病のため36歳で亡くなった豪プロゴルファーのジャロッド・ライルを哀悼する意味で、ファウラーは9月のプレーオフシリーズ第3戦のBMWチャンピオンシップで黄色シャツ&シューズを着用してプレーした。

 こういう行動からナイスガイと呼ばれ人気も高い。あとは何度も手に届きそうだったメジャータイトルを獲得すればというところ。来年も引き続き、リッキー・ユタカ・ファウラーに注目だ。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2016-17 ヒーローワールドチャレンジ
12月1日(木)~12月4日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。