ニュース・コラム

PGAツアー

伊・初のメジャー覇者 フランチェスコ・モリナーリを振り返り

2018年12月20日(木)午後0:20

2018 全英オープンゴルフ選手権
この記事のキーワード
 2018年の欧州ツアーの主役はイタリア出身のフランチェスコ・モリナーリとなった。イタリア人として初めてメジャーチャンピオンとなったモリナリを振り返る。

 モリナリと言えばイタリア人として初めて全米アマチュア選手権を制し、2009年の国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」で優勝した兄エドアルドが有名だったが、いまは弟フランチェスコの方が有名だろう。

 今年は5月の欧州ツアー「BMW PGAチャンピオンシップ」で優勝すると、6月のクイッケンローンズナショナルで米男子ツアー初Vを挙げ、7月の全英オープンゴルフ選手権で快挙達成。最終日はタイガー・ウッズ(米)と同組となり、モリナーリは首位と3打差5位スタート。一時はウッズが首位に立つなど復活Vを期待する雰囲気がある中、モリナーリは冷静に2アンダーでプレーし、通算8アンダーでメジャータイトルを獲得した。

 勢いは止まらない。9月のライダーカップではトミー・フリートウッド(英)と組んでダブルス全勝、シングルスではフィル・ミケルソン(米)を撃破と5ポイントを欧州選抜にもたらし勝利。しかも、優勝が決定したのはミケルソンがコンシードした瞬間。大勢のファンに囲まれながらモリナーリは歓喜に浸った。

 その後、欧州ツアーの年間王者に輝き、「この賞は自分にとって非常に意味があり、こんな特別な形で年を終えられて嬉しい。全英オープンで優勝してイタリア人として初めてメジャー覇者になれた。とても信じられない。また、レース・トゥ・ドバイを勝ち、ライダーカップで戦えたのはアメージングだった。忘れらないシーズンだし、ずっと誇りに思う」とコメントした。

 派手さはないが堅実なプレーで終わってみれば上位にいることが多い。小柄ながらも計算尽くされたゴルフで来年もナイスプレーを披露してくれることだろう。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2018 全英オープンゴルフ選手権
7月19日(木)~7月22日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。