ニュース・コラム

PGAツアー

異次元の飛ばし屋 キャメロン・チャンプを振り返り

2018年12月21日(金)午後2:26

2018-19 サンダーソンファームズ チャンピオンシップ
この記事のキーワード
 アーノルド・パーマー(米)、タイガー・ウッズ(米)、ジョン・デイリー(米)、ババ・ワトソン(米)、ダスティン・ジョンソン(米)ら時代時代で飛ばし屋が生まれるが、いま注目を浴びているのが23歳のキャメロン・チャンプ(米)。名前からして力強さが伝わってくる。

 2018年ウェブドットコムツアー(米下部ツアー)のドライビングディスタンス王に輝いたのだが、その飛距離なんと平均343.1ヤードと異次元の世界で、優勝した同ツアーのユタ選手権初日には430ヤードを記録するなど飛距離が圧倒的な武器。身長は183センチ、体重80キロとツアーの中では細身の部類だが、楽に振っているように見えるスイングから放たれるドライバーショットの弾道はジェット機のよう。

 加えてショートゲームが上手い。なぜなら幼い頃から飛距離が出ていたため、細かいのを中心に練習してきたからだ。でなければ10月末のサンダーソンファームズ チャンピオンシップで早々に米男子ツアーの試合で優勝はできない。

 楽しみなのは年明けの初戦 セントリートーナメント オブ チャンピオンズ(現地時間1月3日~6日/ハワイ/プランテーションC at カパルア)。気候が暖かく風も吹く。また、毎年お祭り雰囲気漂う大会なので選手はいつもよりリラックスしており、思い切り振ってくる選手が多い印象だ。チャンプの異次元ショットに期待が高まると同時に、メジャータイトル獲得にも期待したい。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2018-19 サンダーソンファームズ チャンピオンシップ
10月25日(木)~10月28日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。