ニュース・コラム

アマチュア競技・イベント

ツヨカワ女子アマ安田祐香「またプロの試合で優勝争いができれば」

2018年12月28日(金)午前10:00

2018年度 第24回 日本ジュニアゴルフ選手権競技
この記事のキーワード
 2017年の日本女子アマチュアゴルフ選手権競技チャンピオンの安田祐香(滝川第二高3年)が、2018年JGAナショナルチーム慰労会終了後、インタビューに答え、今年の振り返りと来年の抱負を話してくれました。

―2018年を振り返って

 早かったですけど(それは)充実していたからだと思います。

―印象に残っている海外の試合は

 世界女子アマかなと思います。1月のオーストラリアのオーストラリアマスターズも、アジアパシフィックも言ってしまえば全部ですが、一番は世界女子アマかなと思います。

―海外の試合で得たもの

 海外に出たら色々な国の子たちとコミュニケーションをとりましたし、日本にないコース、天気も(経験した)。いちばん得たものはグリーン周りかなと思います。

―来年の予定は

 予定は11月に最終プロテストがあり、約1年準備できるので、このナショナルチームにあと1年いれることは大きいと思います。合宿とかで海外派遣もしっかり準備できる環境もあるので、それを全部自分のものにしていきたいと思います。スコアも大事ですが世界の舞台に立てる人は一握りだと思いますし、アマチュアで大舞台に立てることは嬉しいので、かみしめたいと思います。

―強い選手が同世代にいるが、勝つためには何が必要

 4日間でも戦い抜く体力、飛距離、自分はグリーン周りが苦手だと思うのでナショナルチームにいることでたくさん練習ができると思うので、そこをいちばんレベルアップしたいと思います。

―アマチュアとして達成したいこと

 来年も(女子アマチュア選手権)出れるチャンスがあるのでもう一回獲りたいと思います。

―海外で学びたいこと

 練習環境がいいので、そこでもっとコーチの方々に教えてもらいたいと思います。(将来は)海外で戦いと思っています。

―来年の抱負

 プロテストがあるので、それに向けての準備をしないといけないですし、プロの試合で今年は優勝争いができたので、来年も優勝争いをして、出るからには優勝を狙って、早くプロになれればと思います。

関連番組

2018年度 第24回 日本ジュニアゴルフ選手権競技

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。