ニュース・コラム

PGAツアー

今年こそはキャリアグランドスラム ローリー・マキロイを振り返り

2019年1月5日(土)午後4:04

2017-18 アーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカード
この記事のキーワード
 ローリー・マキロイ(北アイルランド)は全米オープン(11年)、全米プロ(12年、14年)、全英オープン(14年)とメジャー通算4勝。マスターズで優勝すればキャリアグランドスラム達成となる。今年こそは偉業達成なるだろうか。

 2018年は、3月のアーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカードで2年ぶりPGAツアー通算14勝目を挙げた。後続3打差をつける通算18アンダーでの優勝と強さをみせた4日間だった。9月のライダーカップも出場し、欧州選抜チームの優勝に貢献した。

 気になるのは2019年の予定。PGAツアーの日程が大幅変更したこともあるが、マキロイは欧州ツアーの試合にはほぼ出場しないとコメントしている。妻がアメリカ人で夫婦でアメリカに住んでいることもあるし、世界ランクポイント、賞金、レベルも高いPGAツアーで競い合い、メジャーで再び勝ちたいという強いがある。

 欧州ツアーでは年間4試合以上に出場しなければツアーカードを失う。現行のルールだと一度でもツアーカードを手放すとライダーカップの主将には就けないこととなっている。選手として出場するには開催年にツアーカードを保持していれば問題ない。29歳のマキロイとしては20年後のことなど興味はないだろうし、その頃にはルールも変わっているかもしれない。

 何より優先度が高いのはメジャー。若くし勝ったが、ここ4~5年はメジャータイトルから遠ざかっている。まだまだ若いのでチャンスは多くあるが「あと1勝」が難しい。ファンとしてはグリーンジャケットを着ているマキロイをできれば今年みてみたい。欧州ファンとしては全英オープンの前哨戦、9月以降のロレックスシリーズに出場して欲しいと願っていることだろう。

(写真:Getty Images)

関連番組

2017-18 アーノルド・パーマーインビテーショナル presented by マスターカード
3月15日(木)~3月18日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。