ニュース・コラム

PGAツアー

チェ・ホソンの注目度がすごい PGAツアー公式サイトで紹介

2019年2月7日(木)午前11:10

2018-19 AT&Tペブルビーチプロアマ
 今週の「AT&Tペブルビーチプロアマ」でPGAツアーデビューを果たすチェ・ホソン(韓)。同ツアー公式サイトでは「チェ・ホソンを知ろう」とチェに関する13のことを掲載している。その中からいくつか紹介しよう。

チェは1973年9月23日に韓国・浦項市で誕生。父は漁師、母は海女ということでチェは幼い頃から砂浜で遊んでいた。水産高校を卒業する間近の19歳時、マグロ加工の工場で右手親指の先端を切断。この怪我で兵役免除となり、その期間、鉱山の会社など様々な仕事をしていた。

25歳時、安養カントリー・クラブで仕事を見つけ、そこのマネージャーが「従業員にゴルフを経験させよう」ということで、チェもゴルフを始めた。レッスン費用は高かったため、ゴルフ雑誌を読み、タイガー・ウッズ(米)、アーニー・エルス(南ア)、アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)のスイング写真を参考にした。

ゴルフを始めて2年でプロとなり、2008年の韓国ツアー「ハナ・ツアー選手権」で優勝を飾った。2013年から国内男子ツアーに参戦。同年の開幕戦「インドネシアPGA選手権」で優勝を果たしたが、このあたりからチェのスイングが変則的になる。

「(スイング変更は)ツアープロとして生き抜くためだった。若手はとても強いし、飛距離もすごい。年を重ねるごとに、何かする必要があると感じた」とスイングを変え、約13ヤードの飛距離アップに成功した。

今はすごく注目を浴びているが、チェは自分のルーツを忘れることなくゴルフに打ち込んでいる。「(注目されるなんて)信じられない。多くのファンが私のプレーを見てくれて嬉しいが、私はただゴルフが仕事となった普通の男だよ」。

 という具合だ。スイングどうこうではなく、去年は国内男子ツアーのカシオワールドオープン優勝など、実力も認められての推薦だろう。ペブルビーチでどのようなプレーを見せるか、注目だ。

関連番組

2018-19 AT&Tペブルビーチプロアマ
2月7日(木)~2月10日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。