ニュース・コラム

チャンピオンズ

米シニア第2戦 帝王の息子ゲーリー・ニクラウスも参戦

2019年2月7日(木)午後4:11

 米チャンピオンズツアーのオアシス選手権は現地時間8日、フロリダ州のブロークン・サウンドCを舞台に開幕する。

 3週間のオープンウィークを挟み、本格シーズンの幕開けとなる第2戦だ。開幕戦の三菱エレクトリック チャンピオンシップ at フアラライはトム・レーマン(米)が優勝、2位にデビッド・トムズ(米)、3位に昨季年間王者のベルンハルト・ランガー(独)、ジェリー・ケリー(米)が入った。

 今週も上記3人に加えて、フレッド・カプルス(米)やレティーフ・グーセン(南ア)、連覇を狙うマーク・カルカベッキア(米)、ケビン・サザーランド(米)、コリン・モンゴメリー(スコットランド)、ジョー・デュラント(米)、スコット・マッキャロン(米)らがエントリー。

 また今大会には50歳となったゲーリー・ニクラウス(米)がスポンサー推薦で出場する。父はメジャー通算18勝の帝王ジャック・ニクラウス(米)である。キャリアでは122試合に出場。2003年にプロゴルフから引退し、2007年にアマチュアとなった。去年は全米アマチュア選手権に出場している。

 出場にあたり「レギュラーツアーで戦っていた時よりも良いゴルフをしていると思う。(米シニアの)レベルで戦えないと思うなら、そもそも出場しない。良いプレーをしたら、もしかしたら優勝できるかもしれない。プレーして“自分がたいしたことないな”と思えば長く競技を続けないと思う」と語っていたが、競技ゴルフ復帰初戦で印象的なプレーを見せることはできるだろうか。

関連番組

2019 オアシスチャンピオンシップ
2月8日(金)~2月10日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。