ニュース・コラム

海外女子

野村が2打差2位、上原は41位、山口は53位 横峯は予選落ち

2019年2月8日(金)午後5:30

 米女子ツアーと豪女子ツアーの共催大会 ISPSハンダ・ヴィック・オープン(現地時間8日/オーストラリア/13ビーチGC ビーチコース/クリークコース)第2ラウンドが終了。クリークコースをプレーした野村敏京は6バーディ、ノーボギーの67で回り、通算11アンダー単独2位で週末を迎える。

 上原彩子(クリークコース)は2バーディ、1ボギーの72で回り、通算2アンダー41位タイ。これがプロ初戦となる山口すず夏(ビーチコース)は3オーバー75とスコアを落とすも通算1アンダー53位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

 横峯さくら(ビーチコース)は1オーバー73とスコアを落とし、通算2オーバー88位タイで予選落ちとなっている。

 通算13アンダー単独首位はキム・カウフマン(米)。通算11アンダー単独2位に野村、通算10アンダー単独3位にオー・スヒョン(豪)、通算9アンダー単独4位にシャーロット・トーマス(英)が続く。

 カリー・ウェブ(豪)は通算7アンダー5位タイ、ジョージア・ホール(英)は通算4アンダー24位タイ、テレサ・ルー(台)は通算3アンダー32位タイで2日目を終えた。

関連番組

2019 ヴィックオープン
2月7日(木)~2月10日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。