ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹、小平智、今平周吾が出場 ミケルソンがWGC連覇狙う

2019年2月20日(水)午前10:00

2018-19 WGC メキシコ チャンピオンシップ
 世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズのWGC メキシコ チャンピオンシップが現地時間21日、メキシコのクラブ デ ゴルフ チャプルテペックを舞台に開幕。日本からは松山英樹、小平智、今平周吾が出場する。

 松山は左親指を痛めた影響で昨季は欠場したが、2017年大会では25位タイに入っている。今平は昨季の日本国内ツアー賞金ランク上位2人の資格、小平智は世界ランクの繰上りで出場を果たす。

 昨季大会はフィル・ミケルソン(米)がプレーオフでジャスティン・トーマス(米)を下し、2013年の全英オープン以来となるツアー通算43勝目を挙げた。

 また、この勝利で2008年のWGC-ブリヂストンインビテーショナルを制したビージェイ・シン(フィジー)の記録(45歳5か月)を抜き、WGCの最年長優勝記録(47歳8か月)を更新。2週前のAT&Tペブルビーチプロアマで優勝しているだけに連覇に期待がかかる。

 タイガー・ウッズ(米)は5年ぶりの出場。メキシコでは初参戦となるが、大会7勝(1999年、2002年、2003年、2005~2007年、2013年)を誇る。

 去年10月のWGC-HSBCチャンピオンズを制したザンダー・ショフレ(米)、前週大会Vのジェイ・ビ-・ホ-ムズ(米)、世界ランク2位のブルックス・ケプカ(米)、2017年覇者のダスティン・ジョンソン(米)、今季1勝のリッキー・ファウラー(米)、ジョーダン・スピース(米)、ババ・ワトソン(米)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)らにも注目だ。

(写真提供:Getty Images)

関連番組

2018-19 WGC メキシコ チャンピオンシップ
2月21日(木)~2月24日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。