ニュース・コラム

PGAツアー

久し振りの高地での試合に臨むウッズ「これは挑戦」

2019年2月21日(木)午後1:20

2018-19 WGC メキシコ チャンピオンシップ
 WGC メキシコ チャンピオンシップは現地時間21日に開幕。前日の水曜日、タイガー・ウッズ(米)はフィル・ミケルソン(米)、ダスティン・ジョンソン(米)、ジョン・ラーム(スペイン)との9ホールの練習ラウンドに臨んだ。

 舞台となるメキシコのクラブ デ ゴルフ チャプルテペックは海抜2,300m越え。高地でのプレーは1999年以来となるウッズは、ジャスティン・トーマス(米)、ビリー・ホーシェル(米)との前日のラウンドを振り返り「もっとも興味深いのは標高でボールが曲がっていかないこと」と、久しぶりの感触を語った。

「ボールは明らかに飛んでいる。どこまで伸びるのか把握する必要がある。これは挑戦」とウッズ。実際に前週のジェネシスオープン最終ラウンドでは5Iで171ヤードだったのに対し、火曜日の練習ラウンドではウェッジで175ヤードも飛んだ。最初の2日間は様々なロフトとクラブをテストしたが、ロフト角は現在はもとの設定に戻しているという。2Iも試みたが、2回目の練習ではバッグから抜いた。

 現段階でそれ以外の変更は何もしていないということだったが、「テストを続けて自分の現在位置を確認し続けることが大事」とした。

(写真:Getty Images)

関連番組

2018-19 WGC メキシコ チャンピオンシップ
2月21日(木)~2月24日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。