ニュース・コラム

PGAツアー

たまたま映って発覚 デシャンボー、練習グリーンを傷つけ謝罪

2019年2月23日(土)午後3:51

2018-19 WGC メキシコ チャンピオンシップ
 世界選手権シリーズのWGC メキシコ チャンピオンシップに出場中のブライソン・デシャンボー(米)は初日終了後に練習グリーンを傷つけ、翌日謝罪した。

 発覚したのは偶然のことだった。2002年の全米プロ覇者であるリッチ・ビーム(米)が英メディア「スカイスポーツ」の解説を務めておりコメントをしていた。ビームの後ろにはスクリーンがあり、練習グリーンでパットをする選手たちがLIVEで映し出されていた。そこに映ったのがデシャンボーでパターを思い切りグリーンに叩きつけたのだ。その模様はすぐにSNS上で拡散された。

 デシャンボーは自身のツイッターで「ファン、選手たち、スタッフに謝罪したい」と投稿。実は、先週のジェネシスオープンでも本ラウンド中に、ウェッジでバンカーを思い切り叩きつけている。セルヒオ・ガルシア(スペイン)はグリーンを傷つけたため、欧州ツアーのサウジインターナショナルで失格となった。デシャンボーも知らないはずはないので、心を入れ替えて欲しい。

(写真:Getty Images)

関連番組

2018-19 WGC メキシコ チャンピオンシップ
2月21日(木)~2月24日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。