ニュース・コラム

PGAツアー

D.ジョンソン、永久シード獲得条件の20勝に王手

2019年2月24日(日)午後5:30

2018-19 WGC メキシコ チャンピオンシップ
 ダスティン・ジョンソン(米)はWGC メキシコ チャンピオンシップ(現地時間23日/メキシコ/クラブ デ ゴルフ チャプルテペック)3日目を終え、通算16アンダー単独トップとPGAツアー通算20勝目に王手をかけた。

 永久シードを手にするには同20勝を挙げ、ツアーメンバーとして15年以上プレーしなければならない(ジョンソンは2008年にツアーデビュー)。これまでに37人が永久シードを獲得しており、現役選手ではタイガー・ウッズ(米)、フィル・ミケルソン(米)、デービス・ラブ(米)、ビージェイ・シン(フィジー)が獲得している。

 単独首位から出たジョンソンは前半2番ミドル(367yd)でドライバーショットを約1mにつけイーグル、5番バーディと2アンダーで折り返した。後半10番はティーショットを右に曲げダブルボギーとしたが、「いいプレーをしていたから、気にならなかった」と続く11番、12番でバーディを奪い帳消しに。15番、17番でもスコアを伸ばし、5アンダー66を記録した。

 後続に4打差をつけているジョンソンは「ゲームプランを変えるつもりはない」と意気込んでいる。優勝しても正式に永久シードを獲得できるのは数年後だが、38人目の快挙をメキシコで挙げられるだろうか。

関連番組

2018-19 WGC メキシコ チャンピオンシップ
2月21日(木)~2月24日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。