ニュース・コラム

PGAツアー

D.ジョンソンがツアー通算20勝目 ウッズは10位、松山英樹は19位

2019年2月25日(月)午前9:30

2018-19 WGC メキシコ チャンピオンシップ
 世界ゴルフ選手権シリーズのWGC メキシコ チャンピオンシップ(現地時間24日/メキシコ/クラブ デ ゴルフ チャプルテペック)最終ラウンドが終了。ダスティン・ジョンソン(米)が通算21アンダーで優勝を果たした。

 4打差リードの単独首位から出たジョンソンは6バーディ、1ボギーの5アンダー66を記録し、2018年「RBCカナディアンオープン」以来のツアー通算20勝目を挙げた。

 通算16アンダー単独2位にローリー・マキロイ(北アイルランド)、通算11アンダー3位タイにポール・ケーシー(英)、イアン・ポールター(英)、キラデチ・アピバンラット(タイ)が続く。

 松山英樹は4バーディ、3ボギーの1アンダー70でプレーし、通算5アンダー19位タイ。今平周吾は通算イーブンパー39位タイ、小平智は「64」を記録し通算3オーバー51位タイと順位を上げた。

 ジャスティン・トーマス(米)は9アンダー62を叩きだし、通算9アンダー単独9位。タイガー・ウッズ(米)は通算8アンダー10位タイ、ブルックス・ケプカ(米)は通算3アンダー27位タイ、昨季覇者のフィル・ミケルソン(米)は通算イーブンパー39位タイで4日間を終えた。

(写真:Getty Images)

関連番組

2018-19 WGC メキシコ チャンピオンシップ
2月21日(木)~2月24日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。