ニュース・コラム

国内男子

時松隆光、首位発進に「予想外のゴルフ」 市原弘大は5位、竹安俊也は25位

2019年2月28日(木)午後7:36

2019 ニュージーランドオープン
 豪州ツアーとアジアンツアーの共催大会 ニュージーランドオープンが現地時間28日、ニュージーランドのミルブルックリゾートとザ・ヒルズを舞台に開幕。8アンダー首位タイ発進の時松隆光、6アンダー単独4位の市原弘大、3アンダー25位タイの竹安俊也がインタビューに答えた。
 
時松隆光


 パターがよく入ったので、つられてショットも良くなりました。バーディパットもよく入りましたし、渋いパーパットもしっかり沈められました。悪い流れにならず一日回りきれたので好スコアになったと思います。パットが決まってくれてたので、体もスムーズに動き、やること全部うまく行く一日でした。

 今日は爆発したというか、自分でも予想外のゴルフだったので(気持ちを)切り替えて、3日目にまたこういう位置で回れるように、一つ一つアンダーパーを積み重ねられるように頑張ります。
 
市原弘大
 前半はチグハグなところがありましたが、後半に入って良い流れが出来て、上がってみたら6アンダーと本当に良いプレーが出来たと思います。

 前半だけ取ればもっと行けたと思いますが、後半は後半で距離のあるパットが入ってくれたり、17番ではトラブルになったのが上がってみればバーディとツイている部分もあったので、このスコアで十分かなと思いますし、初日としては最高の一日でした。

 全体的に見たら良い状態でショットを打てていたと思います。パッティングは後半に良いパットが入って短いのも決められたので、明日にも繋がると思います。今日の後半は良いプレーが出来ていたので、その感じを忘れず行ければと思います。
 
竹安俊也
 前半が32で結構いいゴルフが出来ていて、ミスショットもなく出来ていましたが、後半に入って流れが悪くなりました。それでも、耐えながらゴルフが出来たかなと思いますし、自分がオフに取り込んできたことが試せてて、それが上手い事できているなと思います。

 ショットに関しては思い通り打てましたが、パットが思い通りに打てない事が多くて、それで流れが悪くなり、「もっと伸ばさないとダメ」と思っていましたがブレーキがかかってしまいました。順位のことは気にせずに自分のゴルフをしっかりやって、結果が伴っていけばと思います

関連番組

2019 ニュージーランドオープン

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。