ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹、6勝目への鍵は「パッティングとティーショット」事前インタビュー

2019年3月13日(水)午後4:30

2018-19 ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ
 現地時間14日に開幕する米男子ツアーのザ・プレーヤーズチャンピオンシップ(フロリダ州、TPCソーグラス)を前に、松山英樹がインタビューに答えた。

―今回が6回目の出場だが3月開催は初めて

昨日も雨が降っていてグリーンの状態がすごい柔らかい感じがあるので、距離が長く感じるかなと思います。4日間晴れたら、最終日には固くなっているかもしれないですけど、その場その場で合わせていければという感じですね。

―今季はストロークゲインドスクランブリングでトップ5に

その辺の数字はあまり気にしていないんですけど、やはりショットが安定している分、ミスしても(アプローチが)簡単な方に外しているんじゃないかなというのはあるので、続けられるようにしたいなと思います。

―ドライバーも前戦の最終日辺りから調子が出てきた

そうですね。そこがうまくハマってくれれば、グリーン上だけに集中ができると思うんですけど、まだいまいちなので、そこがうまくできれば今週もチャンスがあるんじゃないかなと思います。

―今日は向かい風の中で安定した低い弾道のドライバーショットを打っていた

そうですね。毎回あれくらい打てればいいんですけどね。

―ツアー6勝目に向け必要なピースがあるとしたら

やはり、パッティングとティーショットじゃないですかね。

―パッティングの兆しは

先週悪かった所で、いろいろな人からの情報が入って、自分なりに考えてやっているんですけど、それがうまくいくかいかないかは、今週やってみないとわからないので、やってみながらですね。

―マスターズに向けてピッチを上げてくるところ

本当にティーショット、グリーン次第で状態も変わるので、そこを早く仕上げていけるようにしたいと思います。

―今週の目標

まずは、やはり2日間良い順位で終わって、優勝争いできる位置でプレーしたいなと思います。

関連番組

2018-19 ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ
3月14日(木)~3月17日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。