ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹と小平智は黒星スタート ウッズは昨季新人王を圧倒

2019年3月28日(木)午前10:30

2018-19 WGC–デルテクノロジーズマッチプレー
 現地時間27日に世界ゴルフ選手権シリーズのWGC-デルテクノロジーズマッチプレー(テキサス州/オースティンカントリークラブ)が開幕。松山英樹と小平智は黒星スタートとなった。

 松山はダスティン・ジョンソン(米)、チェズ・リービー(米)、ブランデン・グレース(南ア)と同組で初日はグレースと対戦した。

 1番、2番と奪われるも、松山は3番、4番と奪い返しオールスクエアに。しかし、6番、7番、12番、13番と獲られ4&3で敗戦。なお、世界ランク1位のジョンソンは4&3でリービーに勝利している。

 小平は去年の全英オープンを制したフランチェスコ・モリナーリ(伊)と対戦。出だしから3ホール連続で獲られるなど、5&4で敗れた。同組のウェブ・シンプソン(米)とトービヨーン・オールセン(デンマーク)の戦いはオールセンに軍配が上がった。

 大会3勝のタイガー・ウッズ(米)は昨季の新人王に輝いたアーロン・ワイズ(米)と対戦し、3&1で勝利。優勝予想1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)も5&4でルーク・リスト(米)を撃破した。

 今大会は4人ずつの計16組が3日間の総当たり戦で予選ラウンドを争い、各グループ1位の16人がトーナメント方式の決勝ラウンドへ進む方式。連敗となればその時点で4日目以降に進出する道がなくなるが、松山と小平は勝利できるだろうか。

(写真:Getty Images)

関連番組

2018-19 WGC–デルテクノロジーズマッチプレー
3月27日(水)~3月31日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。