ニュース・コラム

PGAツアー

ウッズ「マスターズに戻ってきた感じ」 首位と1打差6位に浮上

2019年4月13日(土)午後7:00

 タイガー・ウッズ(米)は海外男子メジャー初戦 マスターズ(現地時間12日/ジョージア州/オーガスタ・ナショナルGC)2日目を終え、通算6アンダー6位タイに浮上。トータル6バーディ、2ボギーの「68」を記録した。

「マスターズに戻ってきた感じで気分がいい。バーディチャンスなど、短いパットを何回か外したが、狙い通りに打てていたからあまり深く問題視していない」

 貫禄あるプレーでギャラリーを沸かせたがハプニングもあった。それは14番パー4でティーショットを左に曲げ、林からの第2打目を放った後。ギャラリーが押し寄せたため、警備員が止めようとしたが、地面が濡れていたため警備員が転倒。ウッズの右足(かかと)にスライディングをする形となってしまった。幸いウッズは転倒することなく、このホールでバーディ、続く16番でもバーディを奪い、大きな問題とはならなかった。

 ラウンド後のインタビューで14番のハプニングについて聞かれると、「(怪我などは)全く問題ない。大勢のギャラリーがいればハプニングは起きるもの」と答えた。2005年以来の大会5勝目に向けて、ムービングサタデーをどう戦うのか、ウッズのプレーに注目だ。

関連番組

2019 マスターズ
4月11日(木)~4月14日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。