ニュース・コラム

国内女子

ツアー初優勝の渋野日向子「憧れられるような選手になりたい」メジャーVで3年シード獲得

2019年5月13日(月)午後4:30

ぎゅっと週刊国内ツアー
 国内女子ツアーのメジャー初戦 ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップは渋野日向子のツアー優勝で幕を閉じた。今回の優勝で3年シードを獲得し、賞金ランキングでも2位に浮上するなど、一気にトッププロの仲間入りを果たした渋野が今大会を振り返る。

―初優勝を手にした今のお気持ちは

 まだあまり実感はないですけど、嬉しいです。嬉しいしかないです。

―最終日のラウンドを振り返って

 いつも通り楽しく、笑顔でと思っていましたけど、少し緊張しました。

―どの辺りから優勝を意識し始めた?

(意識したのは)9番のバーディパットを決めてから、優勝したいなと思い始めました。確信に変わったのは、18番のセカンドを打った後です。あの距離ならバーディは獲れると思っていたので、あそこに付いた時点で勝てるかなと思いました。

―今回の優勝で3年シードを得たことについて

 今年もシードを目標にしていましたけど、QTを受けるようになると思っていたので。まさか3年シードを頂けるとは思ってもいなかったので、ビックリしています。シードという目標は達成できたので、また新しい目標を立てて、そこに向かって頑張りたいと思います。

―海外メジャーについて

 アース・モンダミンカップまでに賞金ランキング5位以内に入っていれば、AIG全英女子オープンに出場できると聞きました。今までも興味がなかった訳ではないですけど、海外の試合は自分が出るようなところではないと思っていたので、一度は挑戦してみたいと思いました。

―これからの意気込みを

 この1勝だけではなく、2勝、3勝目を目指して、自分よりも年下の選手たちから憧れられるような選手になりたいです。
 

関連番組

ぎゅっと週刊国内ツアー

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。