ニュース・コラム

PGAツアー

昨季覇者のケプカが7打差をつけ首位独走 松山英樹は10位、ウッズは予選落ち

2019年5月18日(土)午前9:30

2019 全米プロゴルフ選手権
 海外メジャー第2戦の全米プロゴルフ選手権は現地時間17日、米ニューヨーク州のベスページブラックコース(7459ヤード・パー70)を舞台に第2ラウンドが行われ、昨季覇者のブルックス・ケプカ(米)が7バーディ、2ボギーの5アンダー65を叩き出し、後続に7打差をつける通算12アンダー単独首位で週末を迎える。

 通算5アンダー2位タイに生涯グランドスラム王手のジョーダン・スピース(米)、アダム・スコット(豪)、通算4アンダー4位タイにダスティン・ジョンソン(米)、マット・ウォレス(英)らが続く。

 日本勢は松山英樹が3バーディ、1ボギーの2アンダー68で回り、通算2アンダー10位タイで決勝ラウンドへ。今平周吾は通算7オーバー110位タイ、小平智は通算9オーバー124位タイで予選落ちとなった。

 大会4勝のタイガー・ウッズ(米)は3バーディ、6ボギーの3オーバー73とスコアを落とし、通算5オーバー83位タイで決勝ラウンド進出を逃している。

 リッキー・ファウラー(米)は通算2アンダー10位タイ、フィル・ミケルソン(米)、フランチェスコ・モリナーリ(伊)は通算イーブンパー26位タイ、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジェイソン・デイ(豪)は通算3オーバー57位タイで2日目を終えた。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019 全米プロゴルフ選手権
5月16日(木)~5月19日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。