ニュース・コラム

PGAツアー

ケプカが全米プロ連覇に王手 松山英樹は6位タイに浮上

2019年5月19日(日)午前8:30

2019 全米プロゴルフ選手権
 海外メジャー第2戦の全米プロゴルフ選手権(現地時間18日/米ニューヨーク州/ベスページブラックコース/7459ヤード・パー70)第3ラウンドが終了。ブルックス・ケプカ(米)が3バーディ、3ボギーのイーブンパー70で回り、通算12アンダー単独首位で大会連覇に王手をかけた。

 通算5アンダー2位タイにダスティン・ジョンソン(米)、ルーク・リスト(米)ら、通算4アンダー6位タイに松山英樹、マット・ウォレス(英)が続く。

 10位タイから出た松山は5バーディ、3ボギーの2アンダー68で回り、スコアを伸ばしてムービングサタデーを終えた。

  生涯グランドスラム王手のジョーダン・スピース(米)は通算3アンダー8位タイ、リッキー・ファウラー(米)は通算1アンダー14位タイ、ローリー・マキロイ(北アイルランド)は通算2オーバー26位タイ、フィル・ミケルソン(米)は通算6オーバー58位タイで最終日を迎える。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019 全米プロゴルフ選手権
5月16日(木)~5月19日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。