ニュース・コラム

国内男子

H・W・リューが単独首位に浮上 昨季覇者の今平周吾は2打差3位

2019年5月24日(金)午後7:30

 国内男子ツアーの関西オープンは24日、奈良県のKOMAカントリークラブを舞台に第2ラウンドが終了。H・W・リュー(韓)が5アンダー67で回り、通算11アンダー単独首位に浮上した。

 1打差単独2位にスンス・ハン(韓)、2打差3位タイに今平周吾、中西直人、3打差5位タイに星野陸也、松原大輔が続く。

 片山晋呉は通算5アンダー13位タイ、全米プロゴルフ選手権で14位タイに入ったジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)は通算4アンダー13位タイ、昨季覇者の時松隆光は通算3アンダー21位タイで週末を迎える。

 先月のPGAツアーシリーズ・チャイナの重慶チャンピオンシップで日本人初優勝を挙げた佐藤大平は通算1アンダー43位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

 Y・E・ヤン(韓)は通算2オーバー81位タイ、アマチュアの石川航(日体大)は通算3オーバー91位タイ、アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフでツアー初優勝を挙げた浅地洋佑、池田勇太は通算4オーバー102位タイで予選落ちとなっている。

関連番組

2019 関西オープンゴルフ選手権競技
5月23日(木)~5月26日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。