ニュース・コラム

海外女子

比嘉真美子が単独トップ 全米女子オープン初出場「65」は歴代最少

2019年5月31日(金)午後1:16

 海外女子メジャー第2戦の全米女子オープンは30日、米サウスカロライナ州のカントリー・クラブ・オブ・チャールストン(6535ヤード・パー71)で第1ラウンドが行われ、比嘉真美子が単独トップに立った。

 初出場の比嘉は前半3番から3連続バーディを奪い幸先の良いスタートを切ると、9番、10番、17番でもスコアを伸ばし、全米女子オープンデビューラウンドの歴代最少スコアを更新する「65」を叩き出した。

 過去にはシード権を失うなど苦しい時期を過ごした比嘉だが、今季の国内女子ツアー開幕戦を制するなど通算5勝を挙げ、去年の全英リコー女子オープンでは4位タイに入った。

 いきなり海外のコースに順応するのは容易ではないが、メジャーという大舞台で順応できるのが比嘉の強み。現地は30度越えと厳しい中で行われているが、沖縄出身の比嘉にとっては苦にならないのかもしれない。1977年に全米女子プロゴルフ選手権を制した樋口久子以来のメジャー制覇に期待がかかる。

 比嘉、成田美寿々、畑岡奈紗は31日午後1時18分(日本時間1日午前2時18分)に第2ラウンドをスタートする。

関連番組

2019 全米女子オープンゴルフ選手権
5月30日(木)~6月2日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。