ニュース・コラム

海外女子

比嘉真美子は1打差3位タイで最終日へ 樋口久子以来42年ぶりメジャーVを狙う

2019年6月2日(日)午前10:34

2019 全米女子オープンゴルフ選手権
 海外女子メジャー第2戦の全米女子オープンゴルフ選手権は1日、米サウスカロライナ州のチャールストンカントリークラブ(6535ヤード・パー71)を舞台に第3ラウンドが行われ、比嘉真美子は通算6アンダー3位タイとなった。

 比嘉は3バーディ、3ボギーの「71」とスコアを伸ばすことはできなかったが、首位のセリーヌ・ブティエ(仏)、リュウ・ユー(中)とは1打差。1977年に全米女子プロゴルフ選手権を制した樋口久子以来のメジャー制覇に向けて好位置で最終日を迎える。

 鈴木愛は通算2アンダー12位タイ、勝みなみ、新垣比菜は通算1オーバー27位タイ、成田美寿々は通算5オーバー55位タイ、岡山絵里は通算8オーバー67位タイとなっている。

 レクシー・トンプソン(米)は通算6アンダー3位タイ、世界ランク1位のコ・ジヨン(韓)は通算2アンダー12位タイ、昨季覇者のアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)は通算1オーバー27位タイで3日目を終えた。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019 全米女子オープンゴルフ選手権
5月30日(木)~6月2日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。