ニュース・コラム

PGAツアー

ケプカは全米オープン3連覇なるか 松山英樹ら日本勢4人が出場

2019年6月11日(火)午前11:30

2019 全米オープンゴルフ選手権
 海外男子メジャー第3戦 全米オープンゴルフ選手権は13日、米カリフォルニア州のペブルビーチゴルフリンクス(7075ヤード・パー71)で開幕。日本からは松山英樹、今平周吾、堀川未来夢、市原弘大が出場する。

 松山は7年連続7度目の出場。今季は15試合に出場し予選落ちなし、トップ10入り4回、2週前のザ・メモリアルトーナメント presented by ネーションワイドでは単独6位と悲願のメジャーVも期待できる。予選ラウンドはセルヒオ・ガルシア(スペイン)、トミー・フリートウッド(英)とプレーする。

 今平は2年ぶり2度目、堀川と市原は初出場。前週の国内男子ツアー「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」では堀川が優勝、今平が単独2位、市原が16位タイと3選手とも良い流れでカリフォルニア入り。

 昨季大会は米ニューヨーク州のシネコック・ヒルズGCで開催され、ブルックス・ケプカ(米)が29年ぶりの連覇を果たした。3連覇となれば1903年から1905年にかけてウィリー・アンダーソン(スコットランド)が達成して以来の快挙となる。先月の全米プロゴルフ選手権に続く今季メジャー2勝目を狙う。

 フィル・ミケルソン(米)は生涯グランドスラムに王手。ペブルビーチで開催された2月のAT&Tペブルビーチプロアマでは大会5勝目を手にした。祖父がハウスキャディを務めていた思い出の地での快挙達成なるか。

 タイガー・ウッズ(米)もミケルソンと同じくペブルビーチを得意としている。2000年のAT&T ペブルビーチ・ナショナル・プロアマ(現在のAT&Tペブルビーチプロアマ)で優勝すると、同年の同コースで開催された全米オープンでは後続に15打差をつけ圧勝している。

 前週大会Vのローリー・マキロイ(北アイルランド)、ダスティン・ジョンソン(米)、ジョーダン・スピース(米)、ジャスティン・トーマス(米)、ジャスティン・ローズ(英)、フランチェスコ・モリナーリ(伊)、リッキー・ファウラー(米)、マット・クーチャー(米)らがどんな戦いを見せるのか、注目だ。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019 全米オープンゴルフ選手権
6月13日(木)~6月16日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。