ニュース・コラム

PGAツアー

市原弘大はラフを警戒「入ったら完全にワンペナ。粘り気があって全然抜けない」

2019年6月13日(木)午後5:10

2019 全米オープンゴルフ選手権
この記事のキーワード
 全米オープンゴルフ選手権(13~16日/米カリフォルニア州/ペブルビーチゴルフリンクス)に出場する市原弘大がインタビューに答えた。

―コースの印象は
まずはやっぱりラフがすごい。入ったら完全にワンペナですね。長さもあるんですけど、粘り気があって全然抜けない。一度入ると本当に出すだけになっちゃうし、グリーン周りでスッポリ埋まっちゃうと反対側が海とかだとちょっと怖いですよね。

9番はティーショットが飛ばないと、僕なんかは確実に長いクラブで打たされる。

―グリーンはやはり小さく感じるか
小さく感じますね。セカンドの距離に対してのグリーンの大きさとかもすごい小さいです。日本だとそこまで長くないコースで、そういうグリーンの小ささだったらわかるかなというところもあるんですけど。

―この後、どんなところを中心に調整していくか
これからアウトは回ろうかなとは思うんですけど、アウトの方は結構ティーショットをレイアップするところが多いので、そこをもう一回チェックしようかなと思っています。

―身体の状態は
昨日ちょっとまだ時差ボケが残っていたんですけど、昨日の夜結構しっかり寝られたので、体調的にはだいぶ良い状態にはなってきたかなと思います。

―どんな4日間にしたいか
まずはこの会場のUSオープンを楽しみたいですね。その中で必死に頑張って、まずは4日間できればいいかなと思います。

―全英オープンにはこれまで3度出場しているが、全米オープンとの違いは
表現が難しいですけど、会場の雰囲気だったり、やっぱりアメリカっていう感じがしますね(笑)。

関連番組

2019 全米オープンゴルフ選手権
6月13日(木)~6月16日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。