ニュース・コラム

PGAツアー

ウッドランドが全米オープンV ケプカは3連覇ならず2位、松山英樹は21位

2019年6月17日(月)午前10:56

2019 全米オープンゴルフ選手権
 海外男子メジャー第3戦の全米オープンゴルフ選手権は16日、米カリフォルニア州のペブルビーチゴルフリンクス(7075ヤード・ パー71)で最終ラウンドが行われ、単独トップから出たゲーリー・ウッドランド(米)がメジャー初制覇を成し遂げた。

 35歳のウッドランドは最終18番で約10mのバーディパットを沈めるなど4バーディ、2ボギーの「69」を記録。通算13アンダーで去年のウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン以来のツアー通算4勝目を大舞台で手にした。

 ブルックス・ケプカ(米)は前半5ホールで4バーディを奪うなど5バーディ、2ボギーの「68」で回ったが、ウッドランドには3打及ばず通算10アンダー単独2位。114年ぶりの大会3連覇とはならなかった。

 松山英樹は6バーディ、2ボギー、1トリプルボギーの「70」で回り、通算2アンダー21位タイ。前半6番パー5でトリプルボギーを叩いたが、後半に2つ伸ばした。

 タイガー・ウッズ(米)は松山と同じく21位タイ。最終18番をバーディで締めるなど6バーディ、4ボギーの「69」でプレーした。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019 全米オープンゴルフ選手権
6月13日(木)~6月16日(日)

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。