ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹は2打差6位から2年ぶりV狙う 小平智は59位

2019年7月7日(日)午前8:30

2018-19 3Mオープン
 米男子ツアーの新規大会「3Mオープン」は6日、米ミネソタ州のTPCツインシティーズ(7468ヤード・パー71)で第3ラウンドが行われ、松山英樹は通算13アンダー、首位と2打差6位タイに浮上した。

 後半12番パー5では残り102ヤードの第3打目をピン奥につけ、強烈なバックスピンで約7メートル戻しカップインさせるなど1イーグル、5バーディ、2ボギーの「66」を記録した。2017年のWGC-ブリヂストンインビテーショナル以来のツアー通算6勝目なるか。

 小平智は4バーディ、3ボギーの「70」でプレーし、通算6アンダー59位タイで終えた。

 通算15アンダー首位タイはブライソン・デシャンボー(米)、コリン・モリカワ(米)、6月にプロデビューしたマシュー・ウルフ(米)。通算14アンダー4位タイにウィンダム・クラーク(米)、アダム・ハドウィン(カナダ)が続く。

 パトリック・リード(米)は通算9アンダー27位タイ、世界ランク1位のブルックス・ケプカ(米)は通算7アンダー47位タイ、ジェイソン・デイ(豪)は通算5アンダー68位タイとなった。

(写真:Getty Images)

関連番組

2018-19 3Mオープン
7月4日(木)~7月7日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。