ニュース・コラム

国内シニア

中嶋常幸は大会4勝の室田淳に「一回でも譲ってくれれば」

2019年7月9日(火)午後7:54

 シニアツアーのファンケル クラシック(賞金総額7200万円、優勝賞金1500万円)が今年も8月23日から3日間、静岡県裾野市の裾野カンツリー倶楽部で開催される。9日、都内ホテルで行われた記者発表会に、日本プロゴルフ協会(PGA)会長の倉本昌弘、中嶋常幸、室田淳、米山剛、鈴木亨、深堀圭一郎らが出席した。

「シニアの元気が日本の元気!!」をスローガンに2001年にスタート。今回で第19回を数える同大会のギャラリー数は9年連続で20000人超え、昨季大会は原辰徳氏(現・巨人監督)が参戦したこともあり、25214人が来場し同ツアーの持つ日本記録を更新した。

 6月の第20回スターツシニアゴルフトーナメントを制した倉本は「やりがいのあるトーナメントだと感じております。記者の皆様も現場に足を運んで頂き、1行でも2行でも記事を書いて頂けますよう宜しくお願いします」とし、目標は「打倒、マークセン」と昨季覇者のプラヤド・マークセン(タイ)に勝つこと。

 中嶋は「シニアトーナメントの面白さを教えてくれた大会。まだ恩返しができていません。恩を返そうとすると」と大会4勝の室田を指し「一回だけでも譲ってくれれば(歴代覇者になれたのに)」と話した。

 室田はシニア入りして初めて出た試合が今大会であり、15回目の出場となる。「今年はタイガー・ウッズが復活優勝しました。先週は石川遼君が見事な優勝を遂げました。ゴルフ界には明るい話題がいっぱいです。ゴルフ界が盛り上がっていけばいいと思います」と述べ、最後に「中嶋さんの邪魔をしたいです(笑)」と中嶋の大会初Vを再び阻止するようだ。

 2017年覇者の米山は「先輩方はトークもお上手で、私はあまりトークが得意ではないので手短に」と始め「2年前にシニアに入って、初優勝がファンケルの大会でした。(再び)優勝争いが出来る位置にいて頑張りたいと思います」。

 米シニアツアーの試合でもプレーする鈴木は「アメリカに行く機会が増えて、先週、全米シニアオープンから帰ってきて日本プロに出させて頂きましたが、遼君が『おかえりなさい』と言ってくれました。私は遼君の大ファンで、すごく良い試合で感動しました」と語った。

 また、今年からシニア入りの深堀は「(シニア選手の)闘争心が衰えることなく、シニアの元気を感じています。かなり先輩にイジって頂けるようになり、エレベーターに乗ったら中嶋さんに『歩かないのか』と言われたりなど、本当に環境に溶け込み始めていると思います(笑)」とし、ルーキーらしい戦い方で優勝を目指したいと意気込んだ。

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。