ニュース・コラム

アマチュア競技・イベント

木村太一、長谷川大晃が首位タイ 中島啓太が5位、石川遼の弟・航は22位

2019年7月10日(水)午後7:45

2019年度 第104回 日本アマチュアゴルフ選手権競技
 日本ゴルフ協会(JGA)が主催する2019年度(第104回)日本アマチュアゴルフ選手権競技は10日、三重県の伊勢カントリークラブ(7,002ヤード・パー71)で第2ラウンドが行われ、通算7アンダーで木村太一(日大3年)、長谷川大晃(東北福祉大4年)が首位で並んでいる。
 

長谷川大晃

 通算6アンダー3位タイに植木祥多(日大2年)、今野匠(東北福祉大3年)、通算5アンダー5位タイに世界アマチュアランク31位の中島啓太(日体大1年)、2018年の日本学生ゴルフ選手権競技を制した桂川有人(日大3年)、清水大成(日大3年)、蝉川泰果(東北福祉大1年)が続く。
 


植木祥多


今野匠

 石川遼の弟・航(日体大2年)は3バーディ、3ボギーの「71」で回り、通算1アンダー22位タイで2日目を終えた。

 また、CS放送ゴルフネットワークの「日本アマダイジェスト放送」で解説を務める井関剛義は通算7オーバー110位タイで予選落ちとなっている。

(写真:©JGA)

関連番組

2019年度 第104回 日本アマチュアゴルフ選手権競技

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。