ニュース・コラム

海外女子

畑岡、山口組まさかの最下位スタート トップはカナダペア

2019年7月18日(木)午後8:55

 米女子ツアーの新規トーナメントで唯一のペア戦「ダウ・グレート・レイクス・ベイ招待」は17日、ミシガン州のミッドランドCCを舞台に開幕。第1ラウンドは1つのボールを2人が交互に打ち合う「フォアサム」形式で行われた。

 初日を終えて首位は5アンダー65で回ったブルック・ヘンダーソン&アレナ・シャープのカナダペア。1打差の単独2位にポーラ・クリーマー&モーガン・プレッセルのアメリカペア、3アンダー3位タイにイ・ミリム&エイミー・ヤン(ともに韓)、世界ランキングNo.2のコ・ジヨン(韓)、イ・ミンジ(豪)ペアら4組が続く。

 一方で畑岡奈紗&山口すず夏ペアは大苦戦。1バーディ、6ボギー、2ダブルボギーと大きく崩れて9オーバー「79」と、71組中まさかの最下位スタートとなった。2日目を終えた時点で35位タイまでのペアが決勝ラウンドに進出。現時点でカットラインは1オーバーと厳しい状況だが、2日目の巻き返しとなるだろうか。

 なお、大会2日目は2人がそれぞれ自分のボールでプレーし、ホールごとに良いほうのスコアを採用する「フォアボール」方式で行われる。

関連番組

2019 ダウグレイトレイクスベイインビテーショナル
7月17日(水)~7月20日(土)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。