ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹と今平周吾が3打差2位 ジョン・ラームが単独首位

2019年7月26日(金)午前8:45

2018-19 WGC-フェデックス セントジュードインビテーショナル
 世界選手権シリーズのWGC-フェデックスセントジュードインビテーショナル(7237ヤード・パー70)は25日、米テネシー州のTPCサウスウィンドで第1ラウンドが行われ、ジョン・ラーム(スペイン)が8アンダー単独首位に立った。

 5アンダー2位タイに松山英樹、今平周吾、ババ・ワトソン(米)、キャメロン・スミス(豪)の4人。

 松山は前半2番から3連続バーディを奪い3アンダーで折り返す。後半は10番から2連続バーディを奪取。12番、14番でボギーを叩くも、16番、18番をバーディとした。

 市原弘大は1オーバー45位タイ、堀川未来夢は5オーバー60位で終えている。

 ジャスティン・ローズ(英)は3アンダー13位タイ、ブルックス・ケプカ(米)、フィル・ミケルソン(米)は2アンダー18位タイ、ダスティン・ジョンソン(米)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)は1アンダー24位タイとした。

 なお、今大会に予選落ちはない。

(写真:Getty Images)

関連番組

2018-19 WGC-フェデックス セントジュードインビテーショナル
7月25日(木)~7月28日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。