ニュース・コラム

国内女子

19歳の稲見萌寧がツアー初Vに王手 原英莉花は2打差2位

2019年7月27日(土)午後6:30

2019 センチュリー21レディスゴルフトーナメント
 国内女子ツアーのセンチュリー21レディスゴルフトーナメントは27日、埼玉県の石坂ゴルフ倶楽部(6470ヤード・パー72)で第2ラウンドが行われ、19歳の稲見萌寧が5バーディ、2ボギーの「69」を記録し、通算7アンダーで単独首位でツアー初優勝に王手をかけた。

 初日単独トップの原英莉花はイーブンパー72とスコアを伸ばせず、通算5アンダー単独2位。通算4アンダー3位タイに金田久美子ら6人が続く。

 勝みなみは通算2アンダー13位タイ、脇元華は通算1アンダー19位タイ、前週ツアー初Vを挙げた小祝さくらは通算1オーバー39位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

 新垣比菜は通算3オーバー61位タイ、アン・シネ(韓)は通算7オーバー86位タイ、藤田光里は通算8オーバー91位タイで予選落ちとなっている。

(写真:Getty Images)

関連番組

2019 センチュリー21レディスゴルフトーナメント
7月26日(金)~7月28日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。