ニュース・コラム

PGAツアー

マキロイが首位浮上、1打差2位にケプカ 今平周吾15位、松山英樹30位

2019年7月28日(日)午前9:00

2018-19 WGC-フェデックス セントジュードインビテーショナル
 世界選手権シリーズのWGC-フェデックスセントジュードインビテーショナル(7237ヤード・パー70)は27日、米テネシー州のTPCサウスウィンドで第3ラウンドが行われ、ローリー・マキロイ(北アイルランド)が通算12アンダー単独トップに浮上した。

 通算4アンダー13位タイから出たマキロイは9バーディ、1ボギーの「62」を記録し、先月のRBCカナディアンオープンに続く今季3勝目に王手をかけている。

 通算11アンダー単独2位にブルックス・ケプカ(米)、通算10アンダー単独3位にマシュー・フィッツパトリック(英)、通算9アンダー4位タイにマーク・リーシュマン(豪)、アレクサンダー・ノレン(スウェーデン)、ジョン・ラーム(スペイン)が続く。

 今平周吾は2バーディ、3ボギーの「71」で通算5アンダー15位タイ。松山英樹は3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「72」で通算2アンダー30位タイに後退した。

 市原弘大は通算6オーバー56位タイ、堀川未来夢は通算8オーバー61位で最終日を迎える。

(写真:Getty Images)

関連番組

2018-19 WGC-フェデックス セントジュードインビテーショナル
7月25日(木)~7月28日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。