ニュース・コラム

PGAツアー

今平周吾、米ツアー自己ベストの27位 シーズン後半戦に向け弾みをつける

2019年7月29日(月)午後1:00

2018-19 WGC-フェデックス セントジュードインビテーショナル
 世界選手権シリーズのWGC-フェデックスセントジュードインビテーショナル(7237ヤード・パー70)は28日、米テネシー州のTPCサウスウィンドで最終ラウンドが行われた。今平周吾はツアー自己ベストとなると通算3アンダー27位タイで4日間を終えている。

―今日のラウンドを振り返って

 前半2つボギーが先行しましたが、イーブンに戻せて、そのまま後半12番でもバーディを奪えました。しかしその後が上手くいかなかったです。

―今日はショットに苦しんだ?

 ショットが上手くいかなかったです。タイミングとかがズレて(昨日までの感触と)違う感じがありました。

―パッティングについて

 パターは今日は良かったです。

―4日間戦っての手応えは?

 バミューダ芝だと結構通用するのかもしれないと少し思いました。

―収穫・課題について

 今週悪かったところを、日本に帰ってからシーズン後半戦に向けて頑張っていきたいです。
 

最終ラウンド ホールバイホール

関連番組

2018-19 WGC-フェデックス セントジュードインビテーショナル
7月25日(木)~7月28日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。