ニュース・コラム

PGAツアー

小平智、石川遼の優勝も刺激に「歯がゆい思いもしたが、ここを乗り越えればひと回り成長できる」 レギュラーシーズン最後の試合に臨む

2019年7月31日(水)午後0:30

2018-19 ウィンダムチャンピオンシップ
この記事のキーワード
 米男子ツアーのレギュラーシーズン最終戦「ウィンダムチャンピオンシップ」に出場する小平智がインタビューに答えた。

―先週は全英オープンだったが体の調子は

 連戦が続いていたので、体の休養を取りました。

―ゴルフの調子は

 最近すごく良くて、予選も通るようになってきました。まだ上には行けていないですが、感覚的には良いものをつかんでいるつもりです。そこをもっともっと磨いて研ぎ澄ませていけば、良いゴルフができようになってくるのではないかと自分では感じています。

―今シーズンを振り返って

 歯がゆい思いはしていましたが、こんな時も自分の人生の中ではあるかなと感じました。ここを乗り越えればまた自分がひと回り成長できると、(石川)遼の優勝を見ても感じましたし、つらい時期を乗り越えてまた強くなれば、またひとつ上の段階へ行けるのではないかと思います。

 成績は良くなかったですけど、自分にとっては色々と感じることがある年だったのではないかと思います。

―連戦の課題や収穫はあったか

 体力面では慣れてきてリズムも取れてきたので、あまり疲れなくなってきました。あとはゴルフの調子が良くなればという感じです。昨シーズンよりはリズムもつかめてきて、試合への入り方もスムーズになってきたので、その辺りは今年一年すごく良かったのではないかと思います。

―ゴルフ自体の調子は昨シーズンより上向いてきた

 調子を崩してからはいろいろなことを試したりして、最近は調子が良かった時の感覚にすごく戻ってきたので、自分でもゴルフをやっていて楽しいです。

―今週のコースの印象

 去年も出ましたが、すごく好きなコースです。的も絞りやすいですし、コースがタイトなので自分向きだと感じています。去年(の優勝スコア)を見るとハイスコアですので、初日からしっかりアンダーで回って流れに乗りたいと感じます。

―プレーオフに進むには優勝争いが必要になってくる

 そこは意識していますが、意識し過ぎるより試合をひとつひとつ大事にしていくことが大事だと思いますので、まず予選を通って上を目指せる位置にいたいと思っています。

関連番組

2018-19 ウィンダムチャンピオンシップ
8月1日(木)~8月4日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。