ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹「明日はどのくらい勇気を持って打てるかがポイント」伸ばしあいのフィールドで2日目上位進出を目指す

2019年8月2日(金)午後2:00

2018-19 ウィンダムチャンピオンシップ
 米男子ツアーのレギュラーツアー最終戦「ウィンダムチャンピオンシップ」は1日、米ノースカロライナ州のセッジフィールドカントリークラブ(7,127ヤード・パー70)で第1ラウンドが行われ、松山英樹は5バーディ、2ボギーの「67」で回り、3アンダー46位タイで初日を終えている。

―今日のラウンドを振り返って

 なんだかよく分からないラウンドでした。

―先週と比べてショットの手応えは?

 良くなってきています。あともう少し自信を持って打てれば良い感じになると思います。しかし、今まで悪い部分を積み重ねてきてしまい、まだピンに向かって打つ時に保険を掛け過ぎてしまっているので、明日はどのくらい勇気を持って打てるかだと思います。

―上手くいった時の良い感触は残っている?

 今日も良い所、悪い所がハッキリしていましたが、良い部分では先週までと違った感触があり、バーディも獲れています。あとはもう少し足りない部分を全体的に上手くやれれば上位に行けると思いますし、勝つチャンスも増えると思います。

―パッティングの調子について

 久しぶりにエースパターに戻して打ってみて、入ってはいないですけど、先週よりは良くなりそうな兆しがするので楽しみです。

―明日に向けて意気込みを

 天気がどうなるか分からないですけど、しっかりと対応できるようにしたいと思います。
 

第1ラウンド ホールバイホール

関連番組

2018-19 ウィンダムチャンピオンシップ
8月1日(木)~8月4日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。