ニュース・コラム

PGAツアー

松山英樹、小平智は予選落ち アン・ビョンホンが単独首位

2019年8月3日(土)午前9:15

2018-19 ウィンダムチャンピオンシップ
 米男子ツアーのレギュラーツアー最終戦「ウィンダムチャンピオンシップ」は2日、米ノースカロライナ州のセッジフィールドカントリークラブ(7,127ヤード・パー70)で第2ラウンドが行われ、アン・ビョンホン(韓)が5バーディ、ノーボギーの「65」を記録し、通算13アンダー単独首位で週末を迎える。

 1打差単独2位にブライス・ガーネット(米)、2打差3位タイにウェブ・シンプソン(米)、イム・ソンジェ(韓)らが続く。

 松山英樹、小平智は通算3アンダー84位タイとカットラインに1打及ばず、ともに予選落ちとなっている。松山は17番パー4でトリプルボギーを叩くなど、イーブンパー70とスコアを伸ばすことができなかった。

 ポール・ケーシー(英)は通算10アンダー9位タイ、ジョーダン・スピース(米)は通算9アンダー12位タイ、前週ツアー初Vを挙げたコリン・モリカワ(米)は通算7アンダー27位タイで決勝ラウンド進出を決めている。

(写真:Getty Images)

関連番組

2018-19 ウィンダムチャンピオンシップ
8月1日(木)~8月4日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。