ニュース・コラム

ギア

片岡大育、渡邉彩香、川崎志穂が登場 秩父のテストセンターで新製品をアピール

2019年8月6日(火)午後1:43

 5日、埼玉県秩父市にあるブリヂストンゴルフのテストセンターで新製品発表会が行われ、片岡大育、渡邉彩香、川崎志穂がデモンストレーションをした。

 片岡と川崎は同社の“接点の科学”から生まれた新技術「SP-COR(サスペンションコア)」が搭載された「TOUR B JGR」ドライバーを試打。



 サスペンションコアにより「オフセンターの反発性能の向上が可能となり、ミスヒットでの許容性が向上」。つまり、芯を外してしまった時の飛距離ロスが最小限となる。



 片岡は「芯を外しても芯を外した感じがしない。意外と距離が行っている」とし、ヒールに当たっても「飛距離が変わらない」とスイートスポットが広がり、安心感が増した。



 また、川崎は自分の感覚より「15ヤードくらい前に行っている。アゲインストでも飛んでくれる」と飛んでいないようで飛んでいる印象を抱いた。球筋も「ヒョロヒョロではなく、しっかりした球が出る」とのこと。



 渡邉は「TOUR B JGR HF3(アイアン)」を打ち「ちょうどいい高さが出る」と易しさをアピールした。



 長い番手になると今までは「難しいイメージがあり、ウッド系で調整してもらっていた」そうだが、今回は「即決」で新アイアン投入を決めたようだ。



 なお、今回発表された「TOUR B JGR」のドライバー、フェアウェイウッド、HY(ユーティリティ)、HF3(アイアン)、レディスモデルは9月13日に発売される。

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。