ニュース・コラム

アマチュア競技・イベント

金谷拓実、欧陽子龍が決勝Rのマッチプレーに進出 全米アマチュアゴルフ選手権

2019年8月14日(水)午後4:10

2019 全米アマチュアゴルフ選手権
 全米アマチュアゴルフ選手権が米ノースカロライナ州のパインハースト(ナンバー2コース、ナンバー4コース)で行われている。

 13日、予選ラウンドの2日目は順延が決定したが、欧陽子龍(サンディエゴ州立大)は通算2アンダー、金谷拓実(東北福祉大)は通算3オーバーでホールアウトしており、決勝ラウンドにあたるマッチプレーに進む。
 
金谷拓実、マッチプレーは「コースと自分の戦い」


 初日はナンバー2コースをプレーして、すごく難しいコースで中盤にスコアを崩してしまって、2日目は巻き返しが必要な位置からプレーしましたが、序盤にスコアを伸ばすことが出来ました。結果、マッチプレーに進出できて嬉しいです。

(マッチプレーは)いつもと違い、一対一の勝負になりますが自分らしいプレーをして、自分が良いプレーをすれば相手に勝てると思うので、自分らしくプレーしたいと思います。

 マッチプレーは2015年の日本アマチュア選手権で優勝しているので、苦手ではないと思います。プレースタイルはいつもと変わらず、コースと自分との戦いだと思っているので、自分らしいプレーをして頑張っていきたいです。
 
欧陽子龍「コースマネージメントが非常に良かった」


 大変な2日間でした。(2日目の)後半はキャディと(話して)最初からイーブンを狙っていて(通算)2アンダーで回れて嬉しいです。

 コースマネージメントが非常に良かったと思います。こんな難しいコースで一番大切なことはパーを獲ること、それが良く出来たと思います。

(マッチプレーのナンバー2コースは)あまりバーディが獲れないので、皆もナンバー2コースであまり良い成績を出していないので、昨日と同じくパープレーなら上手く行くと思います。

関連番組

2019 全米アマチュアゴルフ選手権

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。