ニュース・コラム

PGAツアー

世界ランク1位のケプカが単独首位 松山英樹は15位に後退

2019年8月24日(土)午前9:00

2018-19 ツアーチャンピオンシップ【FedExカッププレーオフシリーズ】
 米男子ツアーのプレーオフシリーズ最終戦「ツアーチャンピオンシップ」は23日、米ジョージア州のイーストレイクゴルフクラブ(パー70)第2ラウンドが行われ、ブルックス・ケプカ(米)が4バーディ、1ボギーの「67」で回り、通算13アンダー単独首位に立っている。

 1打差2位タイにジャスティン・トーマス(米)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、2打差単独4位にザンダー・ショフレ(米)が続く。

 3打差単独7位から出た松山英樹は1バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの「75」とスコアを落とし、通算2アンダー15位タイに後退している。

 昨季の年間王者ジャスティン・ローズ(英)は通算イーブンパー22位タイで2日目を終えた。

 なお、今大会の優勝者が自動的に年間王者となりボーナスの1500万ドル(16億円)を手にする。

(写真:Getty Images)

関連番組

2018-19 ツアーチャンピオンシップ【FedExカッププレーオフシリーズ】
8月22日(木)~8月25日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。