ニュース・コラム

国内シニア

P.マークセンが単独首位に浮上 大会連覇に王手

2019年8月24日(土)午後6:00

 国内シニアツアーのファンケル クラシックは24日、静岡県の裾野カンツリー倶楽部(パー72)で第2ラウンドが行われ、1打差単独4位から出たプラヤド・マークセン(タイ)が6バーディ、1ボギーの「67」で回り、通算9アンダー単独首位で大会連覇に王手をかけている。

 通算8アンダー2位タイに伊澤利光、ソク・ジョンユル(韓)、通算5アンダー単独4位に寺西明が続く。

 大会4勝の室田淳、中嶋常幸は通算1アンダー15位タイ、井戸木鴻樹、羽川豊は通算1オーバー29位タイ、芹澤信雄、尾崎健夫は通算2オーバー34位タイ、賞金ランク1位の倉本昌弘は通算6オーバー59位タイで2日目を終えている。

関連番組

2019 ファンケルクラシック
8月23日(金)~8月25日(日)

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。