ニュース・コラム

アマチュア競技・イベント

ゴルフネットワーク選手権2019 地区大会 沼津会場レポート

2019年9月24日(火)午後4:55

「ゴルフネットワーク選手権 RomaRo CUP 2019」の第5戦の舞台は、毎年、激戦の舞台となる沼津ゴルフクラブ(静岡県)。
今年も決勝進出を目指す82チーム(164名)がフェニックスCCへの切符を賭け、熱戦を繰り広げました。

今回は、「今年こそ決勝大会に行くぞ!」と意気込む3チームに注目してみました!
昨年、惜しくも2打足りずに予選敗退となった三上光彦さん(静岡県)・渡辺孝之さん(神奈川県)チーム。
今年にかける意気込みを伺うと「俺たちあまり仲良くないからね~(笑)。去年はそこが出ちゃったよね(笑)。今年こそはフェニックスCCに行けるように頑張るよ!宮崎での美味しいご飯やお酒も堪能したい。お互いリラックスして楽しみつつ頑張ります!」と冗談交じりに笑顔で話してくれました。


永井秀史さん(千葉県)・金子理さん(長野県)チームは、昨年ウェイティング枠に入りながらも繰上りとならず、一年ぶりに決勝進出を目指すリベンジ組。
「久々に宮崎に行きたいな~。行けたら今年は仲間も連れて行くよ。皆で飲みたいね!」と、大会はもちろん、仲間との宮崎旅行も計画をしている様子でしたが、残念ながら決勝進出とはなりませんでした。


そんな中、大会初出場ながら、見事決勝大会の切符を手にしたチームを発見!
静岡県から参加の松田多喜雄さん・鈴木麻友さんチームは、同じクラブ所属のゴルフ仲間でふたりでペアを組んでの出場は初めてとの事。2アンダー(70)でホールアウトするとアテスト終了後も「宮崎に行けるかな~」と心配そうに何度も速報板を確認していましたが見事予選突破!「なんとか予選を通過しました。初の決勝大会、頑張ります!」と笑顔で会場を後にしました。


大会は3アンダー(69)で2チームがトップタイに並ぶも、マッチングスコアカード方式により、矢島真さん(静岡県)・秋山拓海さん(静岡県)が見事トップ通過を果たしました。
 

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。