ニュース・コラム

アマチュア競技・イベント

ゴルフネットワーク選手権2019 地区大会 成田ヒルズ(千葉県)レポート

2019年10月7日(月)午後5:41

9月9日(月)に開催を予定していた茨城ゴルフ倶楽部(茨城県)会場は、台風15号の影響により残念ながら中止となりましたが、成田ヒルズカントリークラブ(千葉県)様のご協力により、10月1日(火)に振替開催を実施することができました。ご協力いただき誠にありがとうございます! 

急遽の開催決定でしたが、決勝の地・宮崎への切符をなんとしても手にしたい31チームが集結。3チームの予選通過枠を賭け、熱戦を繰り広げました。

そこで今回は、見事“狭き門”を突破した3チームに決勝大会への意気込みを伺ってみました。
3位通過の野村卓洋さん(東京都)・杉山倫久さん(神奈川県)チームは、2アンダー(70)で2チームが並ぶもマッチングスコアカード方式により3位に滑り込み。アテスト会場に来るなり速報板へ直行すると、先に2アンダーで上がっているチームがいることを確認し、「あ、ヤバイかも。俺たち入るかなぁ」と一言。アテストが終了し、スタッフが3枠目に入っていることを伝えると「良かった~!ホテルと飛行機を早速予約しなくちゃいけないですね。フェニックスでもナイスプレーをお見せできるよう頑張ります!」と笑顔を見せてくれました。


2位通過の山田浩之さん(茨城県)・寺嶋弘行さん(千葉県)チームは、フェニックスへの切符を手にするのは2回目。
「一昨年、大会初出場ながら決勝進出できてしまって、自分たちがびっくりしていました(笑)。昨年は意気込み過ぎて予選敗退してしまったので、今日は気軽に楽しくラウンドしようと話していました。通過できてよかった~!フェニックスではリベンジラウンドになるので気合入れて行きます!」と声を弾ませていました。


そして、堂々トップ通過を果たしたのは、ふたり揃ってマイストレッチポールを手にコース入りした川崎邦朗さん(茨城県)・河内喜文さん(千葉県)チーム。
「出場できて良かったです。開催してくれてありがとうございます!行ってきます!」とスタート前に笑顔で撮影に応じてくれました。「俺、3パットを2回しちゃったよ~(川崎さん)」と悔しそうな表情を見せるも上がってみれば5アンダー(67)のナイスラウンド。お見事です!「今日は上手くかみ合ったよね!(河内さん)」、「今年は大会初優勝することが目標です!フェニックスでもよろしくお願いします!(川崎さん)」と笑顔でコースを後にしました。

関連記事

ゴルフネットワークは以下の放送サービスからご視聴いただけます

施設、店舗など法人でゴルフネットワークの
ご利用をご検討中のお客様へ

ゴルフ場や練習場のロビー、ゴルフ用品店、飲食店、スポーツジムや
ホテル客室などで、ゴルフネットワーク法人視聴をぜひご活用ください。